あなたの入管法改悪に反対する声を議員に送ろう。
 2021年4月16日に審議入りした入管法改定案は、十分な審議もないままに、すぐにも強行採決となる可能性があり予断を許しません。
 入管法の問題に距離を置いていたり、問題点を把握しきれていない議員さんもいます。
 もうすぐ衆議院選挙も実施されます。本法案に対する姿勢が、あなたが投票する際の判断要素になることを、入管法の審議に関わる議員さんに伝える方法を解説します。


どうやって?
・FAX
・E-mail
・議員事務所Webページの問い合わせフォーム
をつかってご自身のお名前で送信します。

また、議員への働きかけの方法は、ほかでも共有されています。参考にしてみてください。
「声を届けろ! 国会議員連絡アクション」
#FREEUSHIKU
Save Immigrants Osaka

https://bit.ly/3uhadeh



国会対策委員会の、
自民副委員長盛山正仁議員-法務担当
自民委員長森山 裕議員
公明委員長 高木 陽介 議員

立憲委員長安住 淳議員
自民党FAX:03- 5511-8855
最優先で声を届けましょ。

NEWS

文章の画像
#入管法改悪反対
#入管法改悪に反対する議員を応援します
あなたの声、をSNSに投稿して
拡散しましょ。

 Point

誰に送るか?
1〜3の順番に、効果的と思われる宛先をリストにしました。
* 議員氏名をクリックすると、送付先が表示されます。

1.「入管法改正案」の審議に影響力を持つ各政党の国会対策委員会


2.「入管法改正案」の審議に関わっている議員(法務委員)
あなたが投票権を持っている選挙区に最も近い地域の議員さんを選ぼう。
※ 5月3日現在、法案審議は衆議院の法務委員会で行われています。


衆議院
法務委員委員長

法務委員理事

法務委員


参議院
法務委員会委員長

法務委員会理事

法務委員会委員


3. 主要政党




どんな内容で?
メール、FAXの記載例です。
このままテキストをコピー&ペーストして使用してもOKです。
あなたの言葉を一言でも付け加えてみてください。
もちろん、例の通りにする必要もありません。あなたの声がより鮮明に伝わる方法を探してください。
*肉筆を含む物理的なFAXの送信はより思いが伝わるかもしれません。
FAX用フォーマットを作成しました。以下URLからダウンロードしてご使用ください。
FAX用フォーマットPDF:
https://drive.google.com/file/d/1E86jrwuqIRxAMKPIndxwShelH5UrWQL3/view?usp=sharing
件名

例A:【国会花子(〇〇県〇〇市在住)】入管法改定、名古屋入管収容施設内の死亡案件等について
例B: 入管法改定についての意見(〇〇県〇〇市:国会太郎)
*件名は、複数の人が同じものを送ると先方でスパムメールと勘違いされやすくなります。
氏名を記載するなど個性を出し、内容を簡潔に示したものをつけましょう。

宛名

1の場合:〇〇〇党 国会対策委員会長 〇〇〇議員
2の場合:〇〇〇党 〇〇〇議員
3の場合:〇〇〇党
*〇〇〇には該当する名称を入れましょう。

本文

国会審議法務委員会において、

【① 政府提出の「入管法改正案」は廃案にしてください。】
2021年4月16日に審議入りした出入国管理及び難民認定法の改定案(以下「政府案」)は、在留資格のない外国人の収容と送還の問題を解決のためとされていますが、退去強制拒否罪や、監理措置制度、難民申請者の送還の推進、在留特別許可の対象の限定化は、問題の解決に至らないばかりか、すでに何度も人権侵害の問題を指摘されている入管の権限をさらに強化し、移民・難民の排除をすすめる改悪でしかありません。即刻廃案にしてください。

【② 名古屋入管死亡事件の真相の解明を法務省と入管に求めてください。】
名古屋入管に収容されていたスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさんが、2021年1月から急激な体重減少や嘔吐などを繰り返し3月6日に死亡しました。出入国在留管理庁は「本人や医師から点滴の求めはなく、適切に治療していた」としていますが、支援団体や外部医療機関の認識と大きく食い違っています。ウィシュマさんは入管収容施設内で、「容態観察」のために監視カメラ付きの単独室に移されています。出入国在留管理庁と法務省に対して、このカメラ映像の公開と、第三者機関の調査による真相の解明を要求してください。

【③ 国連からの指摘を受け入れ、難民認定制度、恣意的拘禁、長期収容をみなおしてください。】
2020年9月25日、国連の「恣意的拘禁作業部会(WGAD)」は、日本の入管収容に関して、長期収容(拷問)や暴力など、入管の運用が国際法に違反していると指摘しました(*1)。さらに2021年4月5日には、国連人権理事会の特別手続きにより、4名の特別報告者が、日本政府に対して、政府提出の「入管法改正案」が国際人権法に違反する旨の共同書簡を送りました。(*2)
また、米国務省も、2021年3月30日に発表した人権報告書の中で、日本の難民認定制度の厳格さや、長期収容などに懸念を示しています(*3)。 国際社会からの指摘を真摯に受け入れる姿勢を示し、「入管法」の改悪を止めてください。

*1 https://migrants.jp/user/media/ijuuren/page/news/pdf/WGAD_Opinion_JPN_final.pdf
*2 https://hrn.or.jp/wpHN/wp-content/uploads/2021/04/e315f47598caf32d41ca36db213c0592.pdf
*3 http://www.jlnr.jp/jlnr/?p=2773

以上

署名:

〇〇県〇〇区(〇〇選挙区)
国会花子
*署名は、あなたの氏名と合わせて所属や選挙区などを記載するとより効果的かもしれません。